壁面や床下を利用して、たっぷりスッキリ収納!

スッキリ見せるオシャレな収納、デッドスペースの賢い収納のご紹介

「片付かない!」「しまう場所がない!」とお悩みではありませんか?壁の厚みや床下スペースを利用すれば、まだまだ収納は増やせます。天井までスペースが利用できる壁面収納やたっぷり入る床下収納、押し入れの改造など方法はいろいろ。ご相談ください。

ニッチ(壁厚収納)

壁の厚みを利用したコンパクトな収納。引き戸タイプなら邪魔にならずトイレなどにもおすすめ。洗面脱衣室の限られたスペースの有効利用にもどうぞ。

図11 図10

床下収納

スライドタイプの床下収納なら1ユニット分の開口で2~3倍の収納スペースが作れます。

図2

押入収納

押入れに収納ユニットを入れると洋服などもしまえてとても便利!三連の引戸にすると開口が広く出し入れがしやすくなりますよ。

図5 図3

壁面収納

空間を活かし、すっきり見せられる壁面収納。リビングやキッチン寝室の収納力を大幅にUPできます。扉、引出し、机やテレビ台、パイプハンガーなどレイアウト自在。一般的なサイズなら1日でできちゃうのでおすすめです!

図6

シェルフシステム

扉や引出しも不要、奥行きが浅いため部屋も狭くならず、本や小物を「見せる収納」ができるのがシェルフシステム。標準プランなら床固定等で済むので施工も簡単です。

図8 図9

 

chottohitokoto

yamamuro日々片づけようと思っていてもなかなか整理ができない・・・。そんなお悩みありませんか?そんなときは、収納空間を見直してみてはいかがでしょう?たとえば間仕切り収納など、空間を程よく区切りながら収納できる商品もあります。さまざまな収納スタイルがあるので、お困りの際にはぜひ一度ご相談ください!収納する場所を決めて、必ずそこにしまうようにすれば、床に物を置かなくて済むのでお掃除も楽になりますよね。快適空間で気持ち良い日々を過ごしませんか?