石垣山一夜城にみる耐震性

日に日に、秋らしくなってきましたね。みなさんいかがお過ごしですか?
私は先日、地元、神奈川県小田原市の史跡『石垣山一夜城』にはじめて行ってきました。今回は、そちらをご紹介したいと思います。

石垣山一夜城(出典:小田原市観光パンフレットより)

石垣山一夜城石垣山は、笠懸山(かさがけやま)と呼ばれていましたが、天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大軍を率いて包囲し、その本営として総石垣の城を築いたことから、石垣山と呼ばれるようになりました。

この城が、世に石垣山一夜城又は太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が築城に当たり、山頂の林の中に堀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城の将兵が、一夜のうちに城が出現したと思ったという伝承によるものです。

小田原城攻囲戦要図

小田原城攻囲戦要図しかし、実際には延べ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間が費やされました。秀吉は、この城に淀君ら側室や千利休、能役者を呼び茶会を開いたり、天皇の勅使を迎えたりしました。

この城は、関東で最初に造られた総石垣の城です。石積みは秀吉が連れてきた近江の穴太衆(あのおしゅう)による、あまり加工されていない石を用いた野面積み(のづらずみ)といわれるものです。長期戦に備えた本格的な城造りであったと言えます。度重なる大地震に耐え、築城後400年以上経過した今日まで当時の面影が大変よく残されています。

井戸曲輪跡(淀殿の化粧井戸)

井戸曲輪跡(淀殿の化粧井戸)谷地形になるところを塞ぎ止めるように周囲に石垣を積み上げて、その底に井戸をつくったものです。周囲に残る石垣は一夜城の中で最も良く残っていて、当時の石垣構築技術を知ることができる絶好の場所です。

・・・この石垣が、関東大震災などの震災にも耐え、今でも残っているということは、当時の方にもきっと耐震性というような概念があったのでしょう。このような史跡を見ると、私たち現代人も耐震性ということをもう一度考えさせられます。いつまた突然、大地震に襲われるかわからない状況の中で、お家の安全のために、家具や電化製品などの転倒防止策はもちろん、耐震改修などの予防策を、今の内に行う必要があるかもしれませんね。

本丸物見台から、小田原城を望む。

本丸物見台から、小田原城を望む。小田原城下や、相模湾などが一望できます。

木の葉が伸びてしまい、見えなくなってしまいそうですが、なんとか小田原城が確認できました。ここから、秀吉も小田原城を見つめていたかと思うと、感慨深いです。

一夜城ヨロイヅカファームにて

一夜城駐車場隣に、約2000坪の農園を併設したパティスリー&レストラン「一夜城Yoroizuka Farm」があります。女優川島なお美さんの旦那様、シェフの鎧塚さんが経営するお店です。

一夜城ヨロイヅカファームにて一夜城は、JR早川駅から石垣山農道を歩いて約50分のところにありますので、歩いて疲れたところに、おいしいスイーツを頂けるとは、なんとも贅沢ですね。

また、川島なお美さんがワイン好きのためかどうかはわかりませんが、ワインも充実していましたよ!興味のある方は、是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか?