都会のオアシス

日が落ちる時刻も遅くなり、日に日に春が近づいているのを感じます。今回は、春のおでかけ先にお勧めしたい『原美術館』をご紹介します。 都会の喧騒の中、ゆったり静かな時間の流れるオアシス的なスポットです。

都会のオアシス『原美術館』は東京・品川にある現代美術館です。

東京ガス会長、日本航空会長、営団地下鉄総裁などを歴任した実業家・原邦像さんの邸宅で 1938年建造の私邸を改装し、1979年に開館しました。

品川とは思えない静かでゆったりとした佇まいです。

原美術館年間5-6回の展覧会に加え、各種講演会、パフォーマンス等イベントを通して国内外の現代美術を紹介しています。

群馬県渋川市には、別館である「ハラ ミュージアム アーク』というものもあるそうです。

展示も毎回興味深いものが多いのですが、私が好きなのはここの空間です。

螺旋階段とスクエアのサッシが白壁につくる陰影が、「ひとつのアートだ ♪ 」と思うくらい素敵だったり、ゆるやかなアールのついた長い廊下の先に展示アートがちらっと見えていたりするところは、心躍らされます。廊下を歩いていくときの期待感をふくらませてくれます。

アートがぎっちり詰め込まれている訳ではなく、余白の美しさを楽しめるデザインになっているのでしょう。 

601602

 人が少ないのもまたいいところ。庭もゆっくり散歩するのにいい感じです。庭にはCAFEもあり、暖かくなってきたらお勧めなのがこちらのテラス席です。

1人でゆっくり訪れるのもよし、気の合う仲間と出かけるもよし・・・アートを楽しんだあとはこんなプレートと、ビールやシャンパンを頼んでゆっくり休日を過ごすのもたまにはよいのでは!?

忙しい毎日を送られている方には、頭をリセットできる『都会のオアシス』です。