神奈川県の電力会社・電力自由化に関する豆知識

  神奈川県の電力会社(小売電気事業者)

908.4万人と東京都に次いで2番目に多い人口を抱える神奈川県。県内には豊かな自然や名所旧跡などの見所が多く、観光都市としても人気があります。

2012年度の総消費電力量は573.6億kWhで、東京都、愛知県、大阪府に次いで全国で4番目。産業用(農水・鉄鋼・化学・機械など)の消費電力量は162.9億kWhで、6番目の北海道(179.6億kWh)、7番目の山口県(173.2億kWh)に次いで全国で8番目と意外に上位ではありません。

臨海部は、国内有数の工業地帯として知られる京浜工業地帯があり多くの製造業が集まるエリアですが、一方で横浜市内や都心へのアクセスが便利という特徴もあります。そのため、交通の便がいい大規模工場を閉鎖し、住宅や商業施設として再開発を進める動きが加速していることも影響していると思われます。

民生用では家庭用が182.5億kWh、業務用(商業・金融・公共サービスなど)が228.3億kWhといずれも、東京都、大阪府に続き3番目です。

光熱費の安い全国の都市ランキング

神奈川県は47都道府県中

電気代 33位(平均電気代 9,622円) やや高い

ガス代 39位(平均電気代 5,692円) 高い

横浜市の1世帯あたりの電気料金は115,475円で33番目。横浜市でも他の大都市同様に都市ガスの比率が高く灯油の消費が少ないという傾向が見られます。

ガス(都市ガス+プロパンガス)の料金は68,308円で39番目と安く抑えられています。都市ガスの料金も60,060円で41番目とガス代が安いことがうかがえます。

灯油代は、3,161円と大阪市、東京都23区に次いで全国で3番目に少ないです。

情報提供元:価格.com